• ホーム
  • 20代の若者の降圧によく使われるβ遮断薬について

20代の若者の降圧によく使われるβ遮断薬について

血圧を下げる薬(降圧薬)で、現在一番よく使われているのはカルシウム拮抗薬です。
次いでARBと呼ばれるアンジオテンシンII受容体阻害薬です。
これらは、高齢者の降圧によく使われます。
それに対して、20代や30歳代の若年者の降圧によく使われるのが、β遮断薬(ベータブロッカー)です。
β遮断薬は、心臓のポンプ作用を抑えて血流を穏やかにして血圧を下げます。
加えて血管の中を流れる血流量を減らし、末梢の血管を拡張させます。
この3つの作用で血圧を確実に下げようと言うタイプの薬です。
喘息のある人には禁忌となっており、使えません。
また、糖尿病や脂質異常症がある人は、悪化する可能性があるので慎重に投与する必要があります。
β遮断薬は、メリハリがあって20代や30歳代といった若い人には良いのですが、高齢者にとって心臓の機能を低下させると言うのは少々過激になることがあります。
また、高齢者では末梢の血管は広がりにくいので、あまり効果がないかもしれません。
加えて、高齢者は糖尿病や脂質異常症を合併してることも多いので、第一選択薬としてβ遮断薬を使うことはあまりありません。
高齢者の場合はカルシウム拮抗薬やARBが第一選択薬となることが多いです。
しかし、20代や30歳代の若い人では、糖尿病や脂質異常症などの合併症がないことが多いので、強い味方となります。
狭心症や心筋梗塞、頻脈などで好んで使われています。
血圧を下げるために薬が行っている作用には、心臓ポンプ作用を弱める、血流量を少なくする、末梢血管を広げる、と3つあります。
この3つの作用をすべて持ち合わせている降圧薬は、β遮断薬だけです。
β遮断薬には商品名で言うと、メインテート、テノーミン、インデラル、などがあります。

関連記事
手足のしびれ等を伴う高血圧対策の降圧薬はぬるま湯で 2019年08月10日

中高年と呼ばれる年齢になると血圧の状態が気になってくる方も多いのではないでしょうか。今は血圧計なども手ごろな値段で購入できるので自分で血圧を測っている方も多いと思います。高血圧とは、動脈に普通ではない強さの圧力がかかる状態になっている事を指すのですが、この血圧というのは安定しないため、一度図った血圧...

首のコリの原因高血圧に降圧剤が効く減塩料理のすすめ 2019年07月22日

現代人はデスクワークや中腰で作業を行うなど、同じ姿勢で長時間過ごすことが多くなっています。それに伴って肩こりや腰痛を引き起こすことになりますが、首の後ろのコリを訴える人も世の中にはたくさんいます。首の後ろのコリは、肩こりと繋がっていることがほとんどですが、場合によっては病気が原因でコリの症状があらわ...

甲状腺の病気と降圧剤の制限 2019年06月27日

甲状腺は喉の部分にある内分泌器官で、全身の新陳代謝に影響を与える甲状腺ホルモンを分泌します。甲状腺の機能が異常に高まった状態がバセドウ病であり、動悸・頻脈・多汗・イライラなどの症状が出ます。逆に機能が異常に低下すると、寒気・倦怠感・無気力・便秘などの症状が現れます。これを甲状腺機能低下症と呼んでいま...

目標値を設定し効率よく降圧する 2019年06月07日

血圧は年齢を重ねるごとに上りやすくなります。血圧計で毎日1日2回チェックしましょう。血圧の目安として上が140以下、下が90以下を目標にしましょう。日や季節によって変動もありますので、基準値に対して不安定であったりした場合には、医療機関で診てもらいましょう。必要であれば降圧剤(血圧を下げる薬)が処方...

適度な運動で降圧を 2019年05月23日

血圧が気になると言う方は、生活習慣を見直すことでそれを改善できることもあります。食事においては塩分摂取量を控える、また野菜や果物も摂取するよう配慮し、肥満にならないようカロリーにも注意することが求められます。そしてそれ以外としては、運動習慣も挙げられます。実際、高血圧治療においても、心臓疾患を持って...