• ホーム
  • 甲状腺の病気と降圧剤の制限

甲状腺の病気と降圧剤の制限

血圧を測定される患者

甲状腺は喉の部分にある内分泌器官で、全身の新陳代謝に影響を与える甲状腺ホルモンを分泌します。
甲状腺の機能が異常に高まった状態がバセドウ病であり、動悸・頻脈・多汗・イライラなどの症状が出ます。
逆に機能が異常に低下すると、寒気・倦怠感・無気力・便秘などの症状が現れます。
これを甲状腺機能低下症と呼んでいます。
甲状腺ホルモンは多すぎても少なすぎても高血圧になる傾向があります。
多すぎると心臓が活発に動きすぎるため、上の血圧が高くなります。
少なすぎると代謝が衰えて血管に老廃物が溜まりやすく、動脈硬化を起こすため、下の血圧が高くなります。
いずれにしても甲状腺の治療が必要ですが、高血圧の合併症を防ぐためには降圧剤を使用します。
降圧剤のうちベータブロッカーは心拍数や心臓の収縮力を低下させる働きがあり、ホルモンが多すぎる場合に有効です。
ただし副作用として気管支喘息や、糖尿病を悪化させる可能性があるため、血糖値に異常がある場合には使用を制限します。
気管支喘息があるときにはカルシウム拮抗薬を使用します。
逆にホルモンが少なすぎる場合には、降圧剤として主にACE阻害薬を用います。
この薬は末梢の血管を拡張し、動脈硬化の進行を遅らせる作用があります。
高度の頻脈があるときに血管を拡張させると、症状が悪化するおそれがあるので要注意です。
このように同じ降圧剤でも、症状によって使用に制限があるため、素人判断は禁物です。
なお甲状腺ホルモンはヨウ素を原料としており、異常がある時にヨウ素の摂取を制限すべきかが問題となります。
これについては諸説ありますが、極度に摂り過ぎなければ問題ないとするのが一般的です。
ただし検査の直前にヨウ素を摂取すると、正しい結果が出ないので要注意です。

関連記事
お酒は上手く飲めば降圧効果というメリットがある 2019年12月03日

高血圧と診断された人の多くは降圧剤を服用しなければなりません。しかし降圧剤にも副作用がいくらかあるため、全ての人が安心して服用できるものではありません。そこでお酒を降圧剤代わりに使う方法があります。お酒は過剰に飲むと高血圧など生活習慣病の原因となりますが、上手く付き合うことができればメリットがありま...

採血では降圧剤やピーナッツなどのカリウム数値に注意 2019年11月02日

健康を維持したり、予防するためにも大切な採血による検査は、すでに病気を患っている人にとっても病気を悪化させないためや、改善させるために重要になります。検査結果を医師だけが把握するのではなく、自身でも把握して普段の生活や毎日の食事などに注意して行く必要があります。人工透析を受けている人は、特に検査数値...

降圧薬など口渇を促進する原因 2019年10月08日

口渇(ドライマウス)はここ最近注目されている症状で、加齢などが原因で口の中の分泌物が減少し口内が乾きやすくなる事を言い、この口渇起因で様々なトラブルが発生するようになります。国内でもこの口渇の症状に悩まされている人は約3000万人いると言われています。口渇の主な患者は中高年の層が多く、中でも更年期の...

20代の若者の降圧によく使われるβ遮断薬について 2019年09月09日

血圧を下げる薬(降圧薬)で、現在一番よく使われているのはカルシウム拮抗薬です。次いでARBと呼ばれるアンジオテンシンII受容体阻害薬です。これらは、高齢者の降圧によく使われます。それに対して、20代や30歳代の若年者の降圧によく使われるのが、β遮断薬(ベータブロッカー)です。β遮断薬は、心臓のポンプ...

手足のしびれ等を伴う高血圧対策の降圧薬はぬるま湯で 2019年08月10日

中高年と呼ばれる年齢になると血圧の状態が気になってくる方も多いのではないでしょうか。今は血圧計なども手ごろな値段で購入できるので自分で血圧を測っている方も多いと思います。高血圧とは、動脈に普通ではない強さの圧力がかかる状態になっている事を指すのですが、この血圧というのは安定しないため、一度図った血圧...